診療情報

喉の老化は40代から

飲み込む力は高齢になるほど低下していきます。
そして喉の老化そのものは40代から始まります。
早めの対策で喉の機能低下を防ぎましょう。

喉の機能が低下すると…

食事の際によくむせるようになったり、声が掠れたり、物を飲み込みにくくなったりしたら要注意。喉の老化が始まっているサインです。
喉の機能低下が進行すると、やがて嚥下障害に陥ってしまいます。
特に注意しなければならないのは、嚥下障害によって誤嚥性肺炎のリスクが高まるということ。
肺炎は日本人の死因の第3位で、しかもそのうち7割の人が誤嚥性肺炎で亡くなっています。

喉の老化を防ぐポイント

喉の老化を防ぐためには、4つのポイントを意識すると効果的です。

1.口の中を清潔に保つ
2.食べ物をよく咀嚼し、「ごっくん」としっかり飲み込む
3.姿勢を正し、肺と声帯をまっすぐに保つ
4.人と会話する機会を増やす

また、誤嚥性肺炎を防ぐためには、お口の中の細菌そのものを減らす必要があります。
日頃の歯磨きを徹底するなどセルフケアをしっかり行い、定期的に歯科を受診して専門家のケアを受け、喉の機能低下を防ぎましょう。

「口からはじまる健康づくり」

理念・誕生までの道のり

野村院長

院長が「きわ歯科クリニック」を誕生させた道のりを、歯科免疫学のお話を通じてご案内します。詳しくは、理念・誕生までの道のりをご覧ください。

院長ブログ

リンク

波乗りクリニック

携帯・スマホで見る

QRコード 携帯またはスマホのQRコード読取画面からアクセスして下さい。

休診日カレンダー

Calendar Loading
【診 察】 9:30-13:00 14:30-20:00
9:30-13:00 14:30-17:00(土)
【定休日】 日・木・祝日
(祝日の週の木曜は土曜と同じ時間に診察)

地図

地図詳しくは、アクセスをご覧ください。

連絡先

医療法人善信会 きわ歯科クリニック

住所
〒755-0241
山口県宇部市大字東岐波5623-1
TEL
0836-58-6607