診療情報

歯の健康寿命を延ばす 定期健診でリスク減 New

健康な歯で食事を楽しみ、会話をして笑顔を絶やさないことで心も健康になります。

歯を失う原因に「むし歯」や「歯周病」があることは広く知られています。歯ブラシでよく歯を磨いて、それらを引き起こす細菌をコントロールするのが大切なことは、皆さんよく理解していることだと思います。

ところが毎日同じように歯磨きをしていても、むし歯になってしまう歯とならない歯があるのはどうしてなのでしょうか。
また、歯の周囲の骨が弱くなり一本だけグラグラしてきたり、急に痛くてかみ合わせることができなくなったり、しみて痛くなったり、詰め物が急に脱離したりするのはどうしてなのでしょう。

歯を健康に長く機能させるためには、歯磨きによる細菌のコントロール以外に力のコントロールが必要になります。

「食いしばり」や「歯ぎしり」によって、本来歯にかかる負担により過剰な力が加わると歯にひずみが生じ、先に述べたような症状がでることがあります。特に歯並びが悪いところや強くかみ合う歯が痛んでしまいます。

このような不具合が生じる前段階でその兆候をいち早く察知して、リスクを減らすことも定期健診の役割です。歯磨きだけでは歯の健康寿命を延ばすことは難しいことも知っておく必要があります。

引用:福島県歯科医師会

「口からはじまる健康づくり」

理念・誕生までの道のり

野村院長

院長が「きわ歯科クリニック」を誕生させた道のりを、歯科免疫学のお話を通じてご案内します。詳しくは、理念・誕生までの道のりをご覧ください。

院長ブログ

リンク

波乗りクリニック

携帯・スマホで見る

QRコード 携帯またはスマホのQRコード読取画面からアクセスして下さい。

休診日カレンダー

Calendar Loading
【診 察】 9:30-13:00 14:30-20:00
9:30-13:00 14:30-17:00(土)
【定休日】 日・木・祝日
(祝日の週の木曜は土曜と同じ時間に診察)

地図

地図詳しくは、アクセスをご覧ください。