診療情報

赤ちゃんを守る!妊婦の虫歯&歯周病ケア

妊娠中は、虫歯や歯周病になりやすい傾向があります。そして、妊娠中に虫歯や歯周病になると、赤ちゃんに悪影響があることが!日常の正しいセルフケア方法と、歯科へのかかり方を解説します。

妊娠中は歯のケアが大切!

理由1:妊娠中は虫歯や歯周病など、口腔内のトラブルが起こりやすい

・女性ホルモンを栄養源とする歯周病の原因菌がいて、歯肉が腫れやすく出血しやすい
・ホルモンの影響で唾液の分泌量が減ったり、唾液の粘りけが増したりして、虫歯菌が増殖しやすい
・免疫力が低下し、口の中に炎症が起こりやすく、悪化しやすい
・つわりの時間は歯磨きがしにくいことがある

理由2:歯周病や虫歯は、赤ちゃんに悪影響があることも
重度の歯周病は、早産・低出生体重児のリスクを高める!
重度の歯周病にかかった際につくられる炎症性物質中には、子宮を収縮させる物質と同じものが含まれることが分かっています。この物質が血液中に入り込んでしまうと、子宮は収縮させて早産の危険につながることが。また、羊水中に歯周病菌が移行すると、おなかの赤ちゃんの発達が阻害されることも考えられています。

ママが虫歯だと、赤ちゃんも虫歯になる確率が高くなる!
虫歯菌が胎盤を通しておなかの赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。ですが、産後、虫歯菌は唾液を介して感染するので、赤ちゃんにいちばん近い存在のママに虫歯があると、赤ちゃんが虫歯に感染する確率が高まります。妊娠中に虫歯の予防・治療をしっかり行うことが、赤ちゃんの虫歯予防につながるのです。
(パパにもしっかり虫歯予防・治療をしてもらいましょう!)

今すぐセルフCHECK!お口の健康状態は大丈夫?

□ つわりが長引いている
□ 歯を磨くのがつらい
□ 口の中がネバネバする
□ 口臭が気になる
□ 妊娠前、よく歯科にかかっていた
□ 歯を磨くと出血する
□ 歯ぐきが赤く腫れている

1つでもチェックがあれば、注意が必要!

【監修】
日本歯科大学附属病院
マタニティ歯科外来 歯科医院
児玉実穂先生、代田あづさ先生
日本歯科大学附属病院では、2010年、妊婦さんが安心して治療を受けられる環境を整えた、マタニティ歯科外来を設立。「赤ちゃんが生まれると自分のことは後回しになりがち。気になることがあれば妊娠中に早めに受診して、治療をしてくださいね」とメッセージをいただきました。

引用:たまごクラブ17.6月 tamago Topics

「口からはじまる健康づくり」

理念・誕生までの道のり

野村院長

院長が「きわ歯科クリニック」を誕生させた道のりを、歯科免疫学のお話を通じてご案内します。詳しくは、理念・誕生までの道のりをご覧ください。

院長ブログ

リンク

波乗りクリニック

携帯・スマホで見る

QRコード 携帯またはスマホのQRコード読取画面からアクセスして下さい。

休診日カレンダー

Calendar Loading
【診 察】 9:30-13:00 14:30-20:00
9:30-13:00 14:30-17:00(土)
【定休日】 日・木・祝日
(祝日の週の木曜は土曜と同じ時間に診察)

地図

地図詳しくは、アクセスをご覧ください。