診療情報

歯を残すほどアルツハイマー病のリスクは軽減される!? New

歯磨きなどの口腔内ケアがおろそかになると、加齢とともに歯が抜けたり、虫歯になったりと、歯を喪失してしまう可能性が高まると考えられます。米国老年医学会誌の電子版に、歯の残存本数と認知症発症リスクを検討した研究論文が3月8日付で掲載されました。

この研究は、福岡県糟屋郡久山町に居住する人を対象とした疫学調査(久山町研究と呼ばれる世界的にも有名な研究です)で、研究開始時に認知症を発症していない60歳以上の高齢者1566人を、5年間追跡したものです。

参加者は、歯の残存本数が「20本以上」「10~19本」「1~9本」「0本」の4つのグループに分類され、各グループ間で認知症の発症リスクが比較されました。なお、結果に影響を与えうるような「年齢」「性別」「教育水準」「歯磨き頻度」や「生活習慣病の有無」などで統計的に補正して解析を行っています。

その結果、認知症の発症リスクは、歯の残存本数が20本以上に比べて、10~19本で1.62倍、1~9本で1.81倍、0本で1.63倍、統計学的に有意に増加しました。

また、歯の残存本数と認知症リスクの関連性に一定の傾向性が認められるかどうかを解析したところ、「歯の残存本数が減少すると、認知症発症リスクが増加する傾向にある」ことが示されました。この関連は特にアルツハイマー病で示唆され、アルツハイマー病ではない脳卒中後の認知症(血管認知症)では関連が見られませんでした。

この研究結果から、歯磨きをすれば認知症を予防できると断定することは難しいですが、歯の残存本数を維持することは、特にアルツハイマー型の認知症発症リスク軽減に繋がる可能性が示されています。

引用元:日刊ゲンダイ 2017年3月16日

「口からはじまる健康づくり」

理念・誕生までの道のり

野村院長

院長が「きわ歯科クリニック」を誕生させた道のりを、歯科免疫学のお話を通じてご案内します。詳しくは、理念・誕生までの道のりをご覧ください。

院長ブログ

リンク

波乗りクリニック

携帯・スマホで見る

QRコード 携帯またはスマホのQRコード読取画面からアクセスして下さい。

休診日カレンダー

Calendar Loading
【診 察】 9:30-13:00 14:30-20:00
9:30-13:00 14:30-17:00(土)
【定休日】 日・木・祝日
(祝日の週の木曜は土曜と同じ時間に診察)

地図

地図詳しくは、アクセスをご覧ください。