診療情報

歯ぎしりが原因の知覚過敏増える

歯に風が当たるだけでしみたり、冷たいものを飲んだり食べたりしたとき強い痛みがあるのは、知覚過敏の可能性があり、要注意です。

知覚過敏は、歯の表面部分のエナメル質が何らかの原因で傷つき、象牙質が露出し、そこに刺激が加わることにより、神経に痛みとして伝わることで引き起こされます。

原因は間違ったブラッシングや、歯周病や加齢による歯肉の後退が原因とされています。
また最近では、不安、疲れ、ストレスなどの心理的要因で、歯ぎしりをすることにより、歯が削れたり、割れたりして起きる知覚過敏が非常に多くなっています。

治療は、症状によって異なりますが、正しいブラッシング法を身につけることが先決です。軽度であれば市販の知覚過敏用歯みがき粉で改善することもあります

原因が歯ぎしりと考えられる場合は、マウスピースと呼ばれる、歯をカバーするものを寝るときに利用します。
マウスピースは歯の破壊を防ぎ、歯ぎしり自体を改善するのに役立ちます。

知覚過敏なのか、虫歯なのか見極めが必要ですが頻繁に痛みを感じるときは、迷わず歯科医院の受診をおすすめします。

「口からはじまる健康づくり」

理念・誕生までの道のり

野村院長

院長が「きわ歯科クリニック」を誕生させた道のりを、歯科免疫学のお話を通じてご案内します。詳しくは、理念・誕生までの道のりをご覧ください。

院長ブログ

リンク

波乗りクリニック

携帯・スマホで見る

QRコード 携帯またはスマホのQRコード読取画面からアクセスして下さい。

休診日カレンダー

Calendar Loading
【診 察】 9:30-13:00 14:30-20:00
9:30-13:00 14:30-17:00(土)
【定休日】 日・木・祝日
(祝日の週の木曜は土曜と同じ時間に診察)

地図

地図詳しくは、アクセスをご覧ください。