安心安全な診療環境

安心安全な診療環境

当院の滅菌システム

エピオスECOシステム(連続除菌システム)

当院では、安全で安心な治療環境を実施するため、POIC研究会が推進するエピオスECOシステムによる連続除菌治療水システム(POIC WATER)を導入しました。
POIC WATER(次亜塩素酸:HCLO)とは、不純物を極限まで取り除いた「超純水」と「ローブロム塩」を混合電気分離をした薬品ではない安全な除菌水です。したがって、どなたでも安心して使用できます。
コップの水から、治療中の注水、手洗い水まですべての水に除菌水を使用できることに伴い、院内感染、飛沫感染を防止し、口腔ケア、治療経過の向上も期待できるのです。

エピオス エコシステムの図

法令遵守という観点での安全性

PR水の主成分であるHOCL(次亜塩素酸)の濃度は80ppm以下での使用が法令により定められており、当院では20ppmに設定し、法令の範囲内で使用しております。
また、右の図のようにpH濃度が7pH以下だと酸性に、9pH以上だとアルカリ性になりすぎてしまう点を考慮し、適正な濃度での使用を徹底しております。

HOCLの図

 

タンパク分解型除菌水

EPIOS Dr.Plus - タンパク分解型除菌水

タンパク分解型除菌水(PR水)は高濃度次亜塩素酸イオン水とも言います。
体内の白血球が侵入してきた微生物に対して対抗する過程で生成する成分を次亜塩素酸と言い、当院ではこの次亜塩素酸を超純水とローブロム塩を電気分解して生成するシステムを導入しています。人体に無害でありながら高い殺菌力でHIV、肝炎ウィルスなど、ほとんどの細菌を20秒以内に殺菌することが可能です。特に細菌の繁殖で起こる歯周病に効果があります。もちろん、「かみしめ」などの応力、歯の構造、生活習慣などが歯周病悪化の原因です。歯科医院として最初に取り組める治療がプラークコントロールなのです。当院のプラークコントロールはこのDr.Plusを使って殺菌(20ppm〜500ppm)し、歯周病治療・予防を可能にしています。

ドクタープラス

 

口は体の入り口です

この度、当院では、みなさんの口腔を病気の入り口にしないため、より効果的な口腔ケア実施に向けて、全ユニットにタンパク分解除菌水注水システム(エピオスエコシステム)を導入しました。
このシステムにより、今まで以上の口腔ケア効果、治療効果、院内感染対策が向上します。
HIV、B型・C型肝炎ウイルス、MRSAなどの細菌感染にも有効が示された安心安全な治療水です。
お子様から大人まで使用は可能です。
一生続ける口腔ケアに薬品(合成界面活性剤や強いアルコール製剤など)は必要ありません。
近年、口腔内に定着した、毒性の強い細菌の塊(プラーク)は単に口の中の病気を起こすだけでなく、全身の健康状態と大きく関わっていることが明らかになりました。

病巣感染=糖尿病、心・脳血管障害、肺炎、早産、アルツハイマー型認知症、口腔がんなど

充実した設備のある、当院での口腔ケアとご自宅でのセルフケアを両立させ口から始まる健康づくりを実現しましょう。
セルフケアに関しては、みなさんの状態に合った方法を提案させていただきます。

「口からはじまる健康づくり」

理念・誕生までの道のり

野村院長

院長が「きわ歯科クリニック」を誕生させた道のりを、歯科免疫学のお話を通じてご案内します。詳しくは、理念・誕生までの道のりをご覧ください。

院長ブログ

リンク

波乗りクリニック

携帯・スマホで見る

QRコード 携帯またはスマホのQRコード読取画面からアクセスして下さい。

休診日カレンダー

Calendar Loading
【診 察】 9:30-13:00 14:30-20:00
9:30-13:00 14:30-17:00(土)
【定休日】 日・木・祝日
(祝日の週の木曜は土曜と同じ時間に診察)

地図

地図詳しくは、アクセスをご覧ください。