小児・矯正歯科 – 矯正治療の重要性

小児矯正のメリット

小児矯正のメリット大人になってからでも矯正治療が出来るという時代になりましたが、それでも子どものうちから治療を行うメリットはいまだ大きなものがあり、するとしないでは最終的な歯並びの良し悪しにも大きく影響します。

代表的なメリットには以下のものがありますが、子どものうちから治療を始めるということ自体が、お子さんの人生にとって大変大きなメリットとなります。

最終的な歯並びをきれいにすることができる

最終的な歯並びをきれいに永久歯が大きく、通常、本格矯正の際に抜歯が必要となるケースであっても、子どものうちから矯正治療を始めることで、あごの成長をバランスよくコントロールし、よりきれいな歯並びに導くことができます。

偏ったあごの成長(輪郭のゆがみ)を軽減

あごが成長する子どもの時期に、不正なかみ合わせを放置すると、あごの成長に悪影響を及ぼし、あごが変形してしまうことがあります。あごの成長期にかみ合わせを改善してあげることで、バランスのとれた偏りの無いかみ合わせに改善され、輪郭のゆがみなどが軽減される可能性も十分あります。

子供の時からの噛み合わせの改善が、一生涯身体を支える礎となるのです。

抜歯の可能性が減る

抜歯の可能性が減るあごの成長を正しい形に促すことで、不必要な抜歯の可能性を減らすことができます。大人になってからの矯正治療の場合、2~4本の永久歯の抜歯が必要な場合でも、子どものうちから矯正治療を行うことで、非抜歯にて治療が可能になる確率が高くなります。

技能的にかめるようになり、唾液力が向上します

正しくアゴ・舌をはじめ、周囲の筋肉を活動させることで、唾液による消火活動がはじまるのです。

虫歯に強くなる

虫歯に強くなる歯並びが悪いと、すき間や凹凸ができて食べカスが挟まりやすくなります。歯磨きをしてもブラシが届きにくく、磨き残しから虫歯となってしまうのです。矯正治療で歯並びを整えれば食べ残しや磨き残しが減り、病気になりにくくなります。

歯肉炎ってなんだろう
クリックすると拡大

コンプレックスの解消

コンプレックスの解消出っ歯や受け口などの見た目の特徴は、子ども同士のからかいやいじめの原因になりがち。また悪い歯並び自体がコンプレックスとなり、お子さんの明るい笑顔を奪ってしまいます。矯正治療で歯並びやかみ合わせを美しく自然に治してあげれば、お子さんの心の健康を守ってあげることができます。

手術の必要性が減る

手術の必要性が減る歯の生え変わりの時期に、歯の傾きが原因で受け口になっている場合、放置することで、悪い傾きの歯にそって顎が成長し、成長が止まる頃には顎のずれが大きくなりすぎて、改善には顎の手術を併用した矯正治療が必要となることがあります。しかし、あらかじめかみ合わせを治すことで、かみ合わせのバランスのとれた顎の成長が起こり、手術の必要性を減らすことができます。

「口からはじまる健康づくり」

理念・誕生までの道のり

野村院長

院長が「きわ歯科クリニック」を誕生させた道のりを、歯科免疫学のお話を通じてご案内します。詳しくは、理念・誕生までの道のりをご覧ください。

院長ブログ

リンク

波乗りクリニック

携帯・スマホで見る

QRコード 携帯またはスマホのQRコード読取画面からアクセスして下さい。

休診日カレンダー

Calendar Loading
【診 察】 9:30-13:00 14:30-20:00
9:30-13:00 14:30-17:00(土)
【定休日】 日・木・祝日
(祝日の週の木曜は土曜と同じ時間に診察)

地図

地図詳しくは、アクセスをご覧ください。